スーパーなひとりごと

スーパーマーケットのリンク集「JP-Super.com」を運営する人の、日常と店舗見学記。 (いただいたコメントは承認後に表示されます)

かみいけだい

画像7

都営浅草線、馬込駅に来ました。大田区の中でも、アップダウンの多い地域ですね。住宅街を上り下りして進んでいくと、

画像8

ピーコックストア上池台店。いまは「イオンマーケット」の運営になってますね。惣菜のラベルも「イオンマーケット 上池台店」となっており、ピーコックストアの表記はありませんでした。ウエイトローズ商品の扱いはありましたが、基本的にはトップバリュが売場を占拠しており、マックスバリュエクスプレスのような感じになりましたね。いつ店名が変わってもおかしくない印象です。 

ちなみに、写真の奥にレッドロブスターが写ってますね。イオン化した店のうしろに、イオンから離れた店。

レッドロブスターの横を進んでいくと、

画像9

画像10


7月19日オープン、ライフ上池台店。
駐車場は渋滞を避けるためか、オープン3日間使用を中止し、駐輪場などに使用していた。

出入口は1か所。比較的オーソドックスなレイアウトだが、通路は狭く感じた。品揃えは上質なところを狙っている模様。ピーコックが高質路線を外れていく印象があるので、むしろライフのほうが高質な印象を受ける。
和日配が、水物・漬物と練製品・納豆・麺などで売場が離れている。
ちなみに、訪問時は19時台だったが、弁当はほとんど売り切れており、惣菜類も少なく、ベーカリーもほぼからっぽ。よく売れたようだ。 
常設のレジはTECの新型で、オープンは増設2台?対応。増設レジを通って買い物したら、ある商品を見て「これ、おいしいですよね!」と声をかけてくれた。あわただしいオープン日なのに、好感。

さらに進むと、

画像11

右にまいばすけっと、左に東急ストア。

画像12

東急ストアは、通路も広めで買い回りやすそう。こちらも好感接客で、ふだん伏し目がちな私もつい目を合わせてしまった。
2階にダイソーとユニクロ。

画像13

まいばすけっとを見て、その右手の道をひたすら進む。

東急池上線、洗足池駅に出ると、

画像14
 
また、まいばすけっとが。傾斜地にある店。


ということで、夜の上池台でした。おしまい。

おうじ

王子に来ました。ついつい新店に足が向いてしまいますね。

まずは、

画像1


駅から数分、ほりぶん。外観が昭和な感じで…。

画像2

営業時間は15:30〜20:30。平日のみで、土日祝はお休み。
いちど閉店したらしい。営業は「土地建物の利用計画が決まるまで」との掲示。まだ開店時間ではなかったので、中は見られず。

ほりぶんを背にして進むと、

画像3

お、なんか裏手に出た。関係者が休憩してますね。表に回りましょう。

画像4

食品館イトーヨーカドー王子店。7月19日オープン。

2フロアで、ゆっくりなエスカレーターを上がると生鮮とグロサリー。セブンプレミアムもたっぷり紹介し、ゴールドシリーズを集めたコーナーも。グロサリー全体もアイテム数を多めに、地元・北区のメーカーの商品もエンド展開するなど工夫している。食品館は都心型なので、北野エースや、都心部の高質店を意識した売場づくりを推進しているようだ。壁面にはプレミアムな缶詰のコーナーも設置。国分の缶つまにとどまらず、信州のはちのこやイナゴ、3,000円くらいする礼文の「宝うに」など、地方色豊かなものまで集めている。
エスカレーターかエレベーターで1階に。惣菜、パン、飲料など即食性の高いものが中心のフロア。レジは1階のみとなっている。

画像6

買物したら、こんな袋に入れられました。無料で。宣伝の片棒をかつげ、と。そうですか。(即、そのままマイバッグに入れましたけど)

画像5

王子のスーパーマーケットといえば、駅前の東武ストアですな。ボウリング場の2階にあるのですが、東武ストアのあるフロアも、もともとはボウリング場だったようで、微妙な段差、柱のない構造が楽しめます。

ということで、王子駅周辺の3店でした。おしまい。 

どーむはるかす

大阪に行ってきました。

画像11

5月31日グランドオープン、イオンモール大阪ドームシティ。 
防災対応型なんだそうです。

画像10

こういうところ?

画像6

画像5

こういう情報発信もそうなのかな??


食品売場では「マイセレクトデリ」なる、大きな量り売り惣菜のコーナーが。東久留米に続き関西初登場。オリジンの売場も別にありました。ドームへ持ち込む人も多いんでしょうな。
イオンリカーも充実してたし、生鮮もなかなかのものでした。魚とか頑張ってたなぁ。


ところで。当日の大阪ドームは、嵐のライブ。

画像3

球場を意識したフードコートも、嵐のファンで満たされていました。

画像4

スコアボード風の店舗紹介。

画像2

「キッズパーク」と書いてあるのに、大きいお友達だけのテーブルも。それくらい混雑してました。怪物くんの帽子をかぶっているのは大野ファンですかね。

 画像2

フードコートには充電用のコンセントもあるのですが、全て埋まっていました…。
上部にはキャップが飾られていますが、ほかにもユニフォームやサインボールなども展示されています。


もちろん、こんな商機を逃がすわけにはいきません。

画像1

リフレクソロジー店は、チケット提示で20%オフ。嵐を長年見続けてきたようなファンにとっては、ありがたいサービスですね。

画像7

未来屋書店も、店頭に嵐のメンバーが登場した雑誌や本をディスプレイ。ファンが群がっていましたね。
食品フロアも何かやればいいのに、と思ったり…。ちゃんと、野球だけでなく夏のライブの予定を把握して商売につなげていくようなテナントは、好調を維持できるでしょうね。


ちなみに、目についた中で、いちばん集客していたのは、

画像8

クレアーズでしたね。画面左のほうに見える、ど派手なカチューシャやリボンのアクセサリーを求め、レジに行列ができて通路まで伸びていました。
そう、大きなドームとはいえ、少しでもメンバーから視線をもらいたい。ファンの当然の心理であります。そのためには隣の人より派手にしないとね。他の人が派手なの買ってたら、私も負けじと、つけたいわけです。 


私はライブのチケットも持ってなかったので、

画像12

あべのハルカス、近鉄百貨店を見てきました。まだ工事中のフロアもあり、いまは小ぶりな百貨店になっています。食品は、ハルカスの高さのようにお高くとまることもなく、庶民的な雰囲気を出しています。

画像13

ウイング館の屋上には、畑も。

画像14

上層のレストランフロアには、こんなフロアガイドが。どこも混雑してました。当たりまえですが。


てなわけで、大阪の注目施設を見て、疲れて帰ってきましたよ。

おしまい。 

ありおあげお

珍しく先に言っておきます。
七夕なので(関係ない)、アリオ上尾に行ってきました。

上尾駅の西口、エスカレーターを降りるとバスがいるので、2番乗り場から「西上尾第一団地」行に乗ります。

この「2番乗り場」というのがポイントで、1番乗り場からも「西上尾第一団地」行のバスが出ているのです。これに乗ってしまうと、アリオの前を通らないんですね。



・・・ つまり、乗ってしまったわけですね。

だがしかし、もともと私は「西上尾第一団地」バス停で降りるつもりだったので無問題。

画像3

ね、バス停のうしろに見えるでしょ?

画像1
 
東急ストア上尾店。なんとものんびりした、一時代前の東急ストアらしさが残った店です。冷凍ケースを修理してました。

そして、

画像2

東急ストアから連なる、この、いかにも団地の商店街、といった感じの風景も、たまりません。 


東急ストアから少し歩くと、こんな光景が。


画像4

左にアリオ、右にマミーマート。マミーの目の前に出店したんですね。

画像5

ご遠慮していただきたいものです。

マミーマートは、シンプルなつくりで、当日は鯨を売り込んでました。単店チラシで、ポイント10倍なども実施した模様。


さて、ようやくアリオへ。

画像6

逆側から来たので、いきなり駐輪場からです。平坦な土地だけに自転車利用者は多いと思われますので、雨の影響を受けない駐輪場は、いいですね。

 画像7

電動自転車バッテリー充電ロッカーまであるんですね。

充電といえば、

画像9

2階のフードコート、カウンター席には、数こそ少ないもののコンセントがあります。身体もケータイも充電できますね。 休日はコンセントのある席を確保するのは難儀すると思われますが。

ちなみに、食品フロアでは「日本の匠」という醤油、味噌、乾物などのコーナーや、地元・上尾の井上スパイスさんのコーナー、「ビューティーフーズマーケット」なる、管理栄養士が相談に乗ってくれる健康意識食品のゾーン、惣菜の「ワインデリ」「おつまみデリ」コーナー、精肉の「肉詰め」などが気になりました。
あとはアリオ鷲宮でもみられた、平場売場の専門店化がさらに進んだ印象。広すぎず、手ごろな大きさのSCだなぁ、と。相変わらずカーペットがないので歩くと疲れるんですけどね。


で、惣菜で何を買ったか? 七夕なので、

画像10

「ぶっかけ七彩そうめん」 398円。具が7品入った一品。

画像11

「七夕デコロールSUSHI」。製造から3時間も経ってないのに、早々に見切っています。手間をかけたかわいい作品ですね。よくできてます。


画像8

それにしても、暑い日曜日でしたね。

おしまい。 

とか

新店オープンしてすぐの土曜なんて、行くもんじゃない。混雑して、ゆっくり見られないし、その店本来の実力じゃないから。


・・・そんなこた、わかってるんだけど、つい、ね。



画像1

多摩都市モノレール・桜街道駅。徒歩8分くらい(リリースだと10分)。

画像2
 
ヤオコー東大和店。

入ると、ベーカリー、そして惣菜。オープンキッチンあり、バイキングあり。その奥に寿司。一方のラインでは青果、水産、精肉と続く。青果と水産の間にクッキングサポート。
一般的に、青果または和日配などの冷ケースの裏側が雑貨などのドライ商品なわけだが、この店では壁が作られ、通路に穴が開いている方式。壁があるのは聞いてたので確認しにいったようなもの。開放感はなくなるが、広すぎる感じもしないし、生鮮・惣菜が凝縮した印象にもなるんだなぁ、と。
グロサリーも、ヤオコーとしては広い店なので品揃えは拡げている。嗜好品が目立ったような。
そのほかは、業界紙でもみていただければ、まともなリポートが載っているかと。

惣菜を購入。
画像3
「おこのみ弁当」は、バイキングコーナーで自分で盛ったもの。4ブロックの容器のうち1ブロックにはごはんを入れるという決まりがある。税込500円。煮豚もなんとなく購入。

そして、

画像5

・・・「練乳をかけて食べるポテトサラダ」、だと? ポテトサラダにいちご、だと??

おそるおそるフタをとり、練乳だけをなめてみた。甘い。う〜む。勇気を出して、

画像4

かけてみた。

・・・

あれ? 意外に合いますね、これ。

おなかを満たしてから、

画像6

ヤオコーの駐車場から見える物件へ。こちらも、抽選会など仕掛け、よく集客していました。

来た道を戻り、モノレールをくぐり、少し直進すると、

画像7

「桜が丘四丁目」というバス停があります。行先表示を見ると、イオンモールとありますね。時刻表を見ると、土日は約20分間隔で運行されているようです。少し待ってたらバスが来ました。そして、

画像8

イオンモールむさし村山。当初はダイヤモンドシティ・ミュー。しかし、混んでるね…。しんどいわ。

さらにバスで、

画像9

八高線・箱根ヶ崎駅に到着。さらに、またバス(無料)に乗り換え、

画像10

ザ・モールみずほ16。西友のSC。
ヤオコーやイオンモールから来ると、施設の古さというかメンテナンスの弱さというかを感じてしまいますね。

帰りのバスは、
 
画像11
 
西友羽村店前行き。

画像12

羽村の西友です。ここから徒歩で、 

画像13
 
福島屋本店。まあ、いまさら語る必要もないですわな。

画像14

さば昆布巻をゲット。夕食にしました。特上シール、最近めったにみませんね。

おしまい。 
Recent Comments