ふと、旅立っていました。

能勢電鉄の終点のひとつ、日生中央駅。日本生命が開発したニュータウンなので日生中央らしい。 駅前のSC、サピエ内にある阪急オアシスへ。

no title
周辺にはスーパーがないようで、ここが独占している模様。レジ13台の駅前スーパーでありながら、2010年10月に、阪食の新型フォーマットに改装されているそうで、やや変形のフロアを苦心しながらレイアウトしている感じ。
駅側入口では産直青果の販売をしていたが、駅と逆側の入口にも常設の産直野菜コーナーがある。いい感じ。量り売りなども実施しており、味噌の量り売りもあった。乾燥しないのかな。
精肉は「ハーフデリ」と称した半加工のミールソリューションなコーナーが目をひく。米は「福蔵」(ふっくら)というコーナー化がされ、関連雑貨の販売も上手に行っている。 売場中央にワインセラーを設け、その逆側にはコーヒーなど嗜好品とその雑貨を展開。巧みな演出。
オアシスだけでなく、SCとしても年季は入っているが、なかなかいいまとまりを見せていた。


引き返し、川西能勢口駅で下車。 no title 駅近くのアステ川西内、地下1階のニシヤマさんへ。
昨年12月にオープンした際も訪問しているが、このときは仮オープン。8月にグランドオープンしたということで訪問。

エントランス部もすっきりとしました。 すっきりとしているのはエントランスだけではなく、通路も見通しがよいです。訪問したのは日曜の17時ごろでしたが…。
ご自慢の寿司部門は、カニ寿司が少々目立つ感じでしたが陳列量は少なめ。 そういえば、オープン時に掲げられていた「味はデパート 価格はスーパー」の表記は、目につきませんでした。
すぐ隣の川西阪急の食品売場は、売場に声が響き渡り、活気がありました。 価格を求める人は、駅の反対側にある西友を選ぶのかもしれません。行ってないけど。イオン化した光洋もありますし、なかなかですな。