早すぎる販促は、暴力だ。



11月5日。最高気温も20度を超え、少し汗ばむくらいな陽気でした。

出かけた帰り、スーパーマーケットに寄って買い物をしようと歩いていると、


クリスマスソングが聞こえてきました。


・・・やめてくれ!  イライラするわ!! 


今からクリスマスソングをかけておく意味は、なんなのか?
クリスマス=年末なので、年末の慌ただしさを想起させ、イライラさせる効果は高いと思いますが、 それによって売上が伸びる(現時点でも、クリスマス時期でも)効果があるのか?? はなはだ疑問であります。

クリスマスケーキや、おせちの予約を取るのはいい。
少しずつ商品を見せておくのも、いい。いやなら、見なければいいから。

でもね、クリスマスソングは耳から入ってくるから、売場から離れても強制的に聞かされるわけです。
近くにいた別の客も「もうクリスマスって、ねぇ・・・」と不満そう。

まだ七五三も、ボジョレーヌーボー解禁も終わってないのに。紅葉だってこれから。


歳時を先取りするのは結構だけど、早すぎる販促は、暴力だ。


これをご覧の某てつRゼン関係の方、なんとかしてください。せめてクリスマスソングだけは、12月に入るまでは止めていただけませんでしょうか。落ち着いて買い物できません。


※追記:8日夜に恐る恐る行ってみたところ「音の暴力」は止まっていました。が、まだデッキがショーケースの上に乗ったままで、油断ならない状況です。