2011年のスーパーマーケットめぐり、近場は除いてラストは京都にしました。
(本当は、ブログに書いてない訪問もいっぱいしているのですが、記憶が不明瞭なためお蔵入り) 
※写真はクリックで拡大

4429f573.jpg京都駅で山陰線(嵯峨野線)に乗り2駅、二条駅で下車。駅から3分くらいのところに、12月14日グランドオープンした、ライフ二条駅前店。

2フロアのミニGMSってところでしょうか。

1階は通常レジ7台にセルフレジ6台。売場面積のわりに通常レジを少な目に設定しているように思えました。最近のライフの店づくり、けっこう好きなんですけど、ここもやはり、いい売場です。

ライフは肉の商品化技術が高いな、と感じました。生鮮のことはあんまり詳しくはわからないのですが、美しい盛り付けで。 

2階は衣料(紳士服などもあり)、ドラッグやクリーニング、書籍など、いわゆる「スーパーの2階」。 


83a2a4c9.jpg店舗の外から。自転車での来店が多い立地ですね。ただ駅前なので、その管理には注意を払っているようです。

ソフトバンクのWi-Fiスポットを休憩スペースに導入しているようです。シールが貼ってあるのが見えますね。

携帯電話がつながらない店が論外なのは当然になりましたが、携帯だけではなく、Wi-Fiがつながるのも、来店動機につながる時代なのでしょう。セブンの取り組みもそうですけど。




64a3c316.jpg二条駅といえば、以前からコープがありますよね。 

京都生協の信頼度の高さを感じるような客数でした。年末の買い物は、コープでしたい、というお客様が多いのかな?

ライフができても、そんなに客数を落としてないのではないでしょうか。推測ですけど。
魚の売場がいい感じですね。


二条駅周辺にはサンディもあるようですが、見るのを忘れました…。



410405cb.jpg御池通を西へ進むと、途中にフレスコが見えます。

前に一度入った記憶がありますね。今回は入店せず。 





e2691a8d.jpg
 島津製作所の横を通り、二条駅から15分くらい歩いたでしょうか。西小路御池の交差点のところにある、マツモト西小路店。 

11月22日オープン。ショーケースの上に、まだ胡蝶蘭が残っていました。

当日の29日は、全品10%引を実施していました。ちなみに30日も京都地域の店舗では全品10%引をやっているようです。本拠地の亀岡では実施してないみたいですね。






db8f5bd3.jpgマツモトのインストアベーカリー兼カフェ。

すっきりして、いいデザインに思えました。


ここでじっくり店内にいたら、すっかりあたりは暗くなってしまいました。
山ノ内電停から嵐電に乗り、移動。





06e571dc.jpg帷子ノ辻で乗り換え、常盤駅で下車。

駅前の、いかりライクスへ。京都の2店はライクスという別会社になってるんですよね。









7aeeb0bd.jpgいかりから、踏切を渡って新丸太町通を西へ数分。コープさがのがありました。

ここでも、やはりコープの信頼度の高さを感じました。









a0d163cf.jpg今回のツアーのラスト、12月9日オープン、万代 嵯峨広沢店。暗かったのと、駐車場への車の出入りが激しく整理員がいたため、こんな角度から撮ってます。

店内に入ると、おせち料理の食材の「いわれ」が書かれたPOPが多数。これは、いいです。いままで見てきた他店の売場ではほとんど語られてなかった…。

そして第二コーナー(競馬風に言うと)。鮮魚売場は加工の様子も見えるのですが、ここの呼び込み、売り込みがすごい。マイクでずーっとしゃべってる。そのときは、にしん昆布巻を試食に出しており、その呼び込み。「どんどん食べてって」だって。いいのか。・・・と、心の中でツッコミを入れた時点で、その魅力に取りつかれていて、つい買ってしまうのだろう。家に昆布巻の在庫があったから買わなかったけど、なかったら間違いなくカゴの中に商品を放り込んでいたところだ。

次に聞こえてきたのが、精肉コーナーからの声。
「すき焼き用、しゃぶしゃぶ用は、あしたから特売となります。明日以降のご来店をお待ちしております」
じつに正直な案内! 肉の用途は記憶があいまいですが、そんなことを言ってくれたら、信用も高まるってもんですね。

と、ここで、帰りの新幹線の時間が迫ってきてタイムアップ。本当はこの先にも、スーパーにっさん、グルメシティ(旧サカエ)などがあるのですが…。11月、12月の新店3店を見るという目的は果たせました。

 
てなわけで、今年のブログはこれでおしまいです。
記事の本数も減らし、店舗自体への言及もなるべく少なめにして、「紀行文」のような感じにしています。
新店情報に 汲々としたり、アクセス数稼ぎにアクセクしたりすることもなく。
2012年もひきつづき、ゆるゆると書いていきますので、期待しないでくださいませ。